スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心霊番組を見たあとの夜の巡回

今の職場では、幸いなことに勤務中にテレビが見れます。


私一人だけなので、気がねなくテレビ見たり、

仕事の合間に、新聞(夕刊)を読んだりしています。


この前、うっかりテレビでやっていた心霊番組の特集を見てしまったんですね。

「見ちゃダメだ、見たらこの後の巡回にいくのが怖くなる」

と思いながら、全部見ちゃいました。


案の定、暗い館内や外の周辺を、懐中電灯一つで巡回するのが、

いつもやっていることとは言え、ものすごく怖かった。

それにこりてから、怖い番組は、昼間のうちに見るようにしています。

(でも結局、思い出してしまうので、見ないほうがいいですね)


聞いた話ですが、

廃墟になった病院で警備の仕事をしている人がいるらしいのです。

夜に、冷やかし程度に廃墟に訪れる人たちを説得して帰ってもらい、

場が荒らされないようにするのが目的なんだそうですが、

たまに、その警備さんが常駐する守衛室のドアをノックする音が聞こえるんだそうです。

ドアを開けてみると、誰もいない。

そんな現象が頻繁にあったようです。


ドアをノックする音が聞こえたら、こちらからもノックし返すと、静かになる。

そんな怪奇現象がおきているにもかかわらず、ずっとその廃墟で勤務されているそうで、

世の中には、そっち方面に耐性がある人もいるんだなと感心しました。

ちなみに私は、何か特別なものが見えるとか、そんな能力はいっさい持っていません。

仮に、夜の巡回中に、それらしき姿を見たときは、

即日で、この現場の仕事をやめようと思っています。

というか、ガクブルでもう無理。


私の今の職場は、養護施設なので、施設内で息を引き取った方も、もちろんたくさんいます。

そのまま現世をなごり惜しむことなく、あの世に召されてくれればいいのですが。

とにかく、巡回前はバラエティ番組が一番ですね。
[ 2010/07/01 18:20 ] 施設警備員 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。