スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

警備員の新人現任教育

警備員になるためには、

新任研修を一定時間以上受けなければなりません。


基本講習15時間、業務別講習8時間と決められているようで、

私も、3日か4日ぐらい続けて、研修をしていました。

その時は日当も交通費も出ました。

大手のところでは、自社で新任研修をおこなうところがあります。

また、それほど大きくない警備会社では、

研修をやっている会場に、採用した新人を送るようですね。

また実際に、警備の仕事についている人も、

年に2回は必ず、現任教育を受けることが義務付けられています。

1回の現任教育は基本教育が3時間以上、業務別教育が5時間以上で

1日かかると思ったほうがいいですね。


実際に、新任研修、現任研修は、

ちゃんと会社側が受けさせないと、警備業法違反となるそうで、

これを守っていないと、会社側にも責任が問われて、

もし事故があったときなどに、会社自体も指導を受け、

警備業務の入札停止や業務停止もありえるそうです。


それでも、人の出入りの多い業種。

たいていの警備会社では、研修は軽く済ませるぐらいですかね。

それでも大手のセコムなどでは、警棒操法や護身術、救命講習を

1ヶ月ほどみっちりやるそうです。

同じ警備員としても差がありますね。まあ、業務が違うんでしょうが。


[ 2010/06/27 09:23 ] 警備員の教育 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。