スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

警備員は周りから暇そうに見える・・・安全な証拠

警備員は暇そうに見える・・・そういう場合も多々あります。

なんだかせわしなく動いていないと「ヒマそう」に見られてしまいそうですが、

しかたないんです。警備員は「そこにいる」ことが仕事なんですから。

いざ、何か起こったときにはすばやく対処しなければいけないので、

手があいている必要もあるんですね。

警備員の仕事は、現場によって仕事内容も危機管理の対処もさまざまです。

交通誘導の警備員も、誘導中に車にひかれそうになったり、

施設警備員も、建物に不審者が侵入してきたときは、先に立って対処しないとなりません。

一見暇そうに見えて、万が一のときは、からだをはって仕事しなければいけないときもあるのです。
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 19:18 ] ヘンな誤解 | TB(-) | CM(1)

工事現場に警備員が多すぎ?

これから寒くなってきて、外で仕事をするのが

からだにこたえてくる時期になってきましたね。

よく工事現場の警備員を見ていると、

「人数多いな!」

と思ったことはありませんか?

「そこまで人を増やさなくても・・・」

と、言う現場がけっこう見かけたりもします。

工事現場の警備員の人数を増えてしまう理由のひとつは、

仮にその現場で事故がおきたときに、

警備員を配置していなかったことが原因のひとつだと

解釈されて、その工事を受け持つ建設会社の責任になってしまうんですね。

工事現場で鉄骨が落ちたりとか、トラックにぶつかったとか、

一般の人に、万が一、人身事故が起きたら大変なことですから、

警備員を多めに雇っておいて、安全を最優先しているのです。

また、施主との契約で警備員の人数が決められている場合もあって、

必要以上に警備員が多かったりとかもするそうです。

一見、警備員が優遇されているようにも見えますが、

建設会社から警備会社に支払われるお金が低く抑えられていたりもして、

現場で人数は必要とされていながら、末端の警備員の給料には、

あまり影響がない。仕事の場所と警備員の人数が増えて、

少し仕事が楽、といった程度なんでしょうか。

これから寒い時期に突入しますが、

そとではたらく警備員さんは、からだをこわさないように、

お互いに気をつけましょうね。


[ 2010/11/20 20:22 ] ヘンな誤解 | TB(-) | CM(0)

休憩なしで24時間勤務!待機=休憩ってことかな?

休憩なしで24時間勤務…警備会社を書類送検

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000399-yom-soci

ちょっと記事が短いんで、いまいち内容がわからないんですけど、

『24時間勤務の警備員を、休憩時間なしで同社が用意したアパート

などで待機させた』と。




これはいわゆる自宅警備員のことかな。




仕事の内容は何なんだろう?

24時間勤務って言っても、実働2~3時間くらいで

あとは待機という名の休憩なんて現場もけっこうありますからねえ。

それでも休憩時間を設けないと労働基準法違反になっちゃうから、

この会社もマズッたね。

そもそも、こんな警備会社の警備なんかまるっきり信用できないけどね。

[ 2010/09/12 11:50 ] ヘンな誤解 | TB(-) | CM(0)

安全確認は自分でしっかりとね

よく誤解されることなのですが、

道路工事などで配置されている警備員の車の誘導に

したがって、万が一、事故を起こした場合は、

その責任は、車を誘導した警備員にはありません。

その車を運転している

ドライバーの責任になります。


警備員も人間ですので、車を誘導する際に、

見落としや不注意もあるでしょうし、

突然の車やバイク、人などの割り込みに対応できるものでもありません。

警備員に誘導の指示を受けたら、

ドライバーはまず、自分で安全を確認して、

運転しないといけません。

盲目的に警備員が指示しているんだからと、

安全確認を怠ってしまい、事故を起こしてしまう人もいるそうです。

警備員は、警察官と違って、通行の規制や指示を出す権限はありません。

交通をスムーズにおこなうためにいるので、

もし、警備員から「進め」と誘導の指示を受けたら、

必ず自分の目でまわりをよく確認してから、進みましょうね。
[ 2010/06/30 12:16 ] ヘンな誤解 | TB(-) | CM(1)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。