スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

警備員の資格の手当て

警備員の資格には、交通誘導・施設警備・雑踏警備の1級、2級などがありますが、会社側から資格を取ってくれと要望されるところもありますし、個人で持っていれば資格手当てが出るところもあります。


例えば、交通誘導の仕事をしている会社では、交通誘導2級を持っていると資格手当てが出るところもあるそうですね(会社によって違うので確認したほうがいいですが)。


実際にその資格が必要な現場に出向けば、またそれなりの手当てが出るそうで。


その金額も会社によってはバラバラなんだそうですね(目安としては500~2000円/日もしくは4000/月ぐらい、もちろんそれ以上も)。


警備員の仕事をしているのであれば、資格取得をめざしてみるのもいいかもしれませんね。ただ、これから警備業に就くという人は、ムリに取る資格でもないので就職できてからにしましょう。

スポンサーサイト
[ 2011/06/13 19:26 ] 警備の資格 | TB(-) | CM(0)

警備員に必要な資格は?

警備で有名な資格というと、交通誘導警備業務2級がありますが、

警備員になるために、特に資格はいらないんですよね。

しいてあげれば、「普通自動車運転免許」ぐらいですね。

それさえあれば、とりあえず採用されるでしょう

(なくても採用されますけど)。

あとは、警備の仕事についてから、興味があればいろいろと資格を取れば

いいのではないかと思います。

まず必要なものといえば、「健康と忍耐力」でしょうか。

この2つはこの業界にいる限りは、普免より必要です。
[ 2010/07/01 09:02 ] 警備の資格 | TB(-) | CM(0)

交通誘導警備検定2級

私の会社でも交通誘導検定2級を持っている人がいます。

話を聞くと、試験はけっこう難しいようですね。

合格率が5割をちょっとこえるぐらいで、

しっかり勉強しないと落とされるそうです。


試験は、最初に学科テストがあって、

それに合格した人が、実技テストにすすめるそうで。

学科テストは、全国警備業協会が発行している問題集を

やっておくことが基本で、あとは予備講習なども受けたほうがいいそうです。


実技テストは、車両の誘導・警察への通報・交通事故現場での二次災害防止

負傷者の搬送・大旗の使い方・護身術など6項目の試験です。

(ちょっと取ってみようかと思いましたが、うーん、護身術とか必要なんですかね)


高速道路・自動車専用道路などでは、

交通誘導検定の資格を持った人の配置が義務づけられています。

就職サイトを見ると、有資格者を募集しているところもありますが、

試験の難しさと、年6回ほどしか試験がおこなわれないため、

有資格者は不足しているそうです。

興味のある方は、一度警備会社に就職してから、

資格取得を目指したほうが、何かと有利なんじゃないでしょうか。
[ 2010/06/28 12:04 ] 警備の資格 | TB(-) | CM(0)

警備業務の資格

警備業の検定資格には、これら6種類があります。

交通誘導警備業務検定 1、2級

・施設警備業務検定 1、2級

・雑踏警備業務検定 1、2級

・貴重品運搬警備業務検定 1、2級

・核燃料輸送警備業務検定 1、2級

・航空保安警備業務検定 1、2級


ぜんぶ国家資格ということで、

警備会社によっては、取得していると、

給与面などで優遇してくれるところもあると思います。


私は、ひとつも警備の資格を持っていませんが、

私のようなペーペーの警備員が、必要に応じて取れる資格といったら、

交通誘導・施設警備・雑踏警備の3つでしょうか。

会社の先輩などは、核燃料輸送の資格を取っていましたが、

どこで使う機会があるんでしょうか、わかりませんが。


私は、施設警備なので、他に関連のある資格といえば、

・防火管理者

・普通(上級)救命

なんてのもありますね。防火管理者は講習を受けるだけで取れるそうです。

今のところ思いつく限りでは。

興味がある方は、取得してみてはどうでしょうか。
[ 2010/06/28 09:55 ] 警備の資格 | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。